MENU

免疫力の低下は善玉菌と悪玉菌の体内バランスが悪い

善玉菌と悪玉菌の体内バランスが悪いと免疫力は低下します

 

免疫力は善玉菌と乳酸菌のバランスの健康維持と関係があります

 

体内環境は善玉菌と悪玉菌、それに日和見菌がべランスを崩せば変化します

 

善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れると日和見菌は、優勢な勢いの細菌フローラー叢の味方になります

 

腸内フローラーには細菌のお花畑のようなフローラ叢が存在しています。

 

この腸内フローラの腸内細菌叢に、

 

善玉菌や悪玉菌そして日和見菌が、

 

其々叢をなして群れているフローラを構成しているのです。

 

体内環境の悪化は免疫力の低下、アレルギーが出やすい・生活習慣病や肌荒れ

 

便秘や下痢・老化になりやすい健康状態になります。

 

健康状態の悪化の原因は数多くありますね!

 

例えば、不規則な生活・高脂肪・高タンパク質・食物繊維不足・運動不足・ストレス・加齢や老化・抗生物質

 

極端なダイエット・暴飲暴食など、ちょっと考えただけでも体にとって悪いことです。

 

こういったおすすめ出来ない健康管理と体内環境の悪循環は健康維持に、悪影響を及ぼします

 

自分の身体の体内環境の健康を維持することは大切であり必要なことなのです。

 

腸内フローラに生息する有害菌が出す有害物質が健康を害する恐れがあるのです。

 

善玉菌の活性化が悪玉菌の不活性に関連してきます。

 

いわゆる腸内フローラのバランス均衡とも言えるわけです。

 

フローラ叢には日和見菌が多数生息しています。

 

日和見菌は善玉菌にも悪玉菌にもなりうる日和見的なフローラ叢の細菌です。

 

一番優勢なフローラ叢につられて善玉菌になることもあり、

 

悪玉菌優勢な腸内フローラなら有害菌に組するのが日和見菌なのです。

 

したがって悪玉菌である有害菌が有害物質を生成させない様に、

 

腸内フローラ叢を善玉菌優勢にしましょう!

 

善玉菌が優勢になれば日和見菌は善玉菌の味方になります

 

善玉菌の見方になった腸内細菌は有用菌の働きをするので有害菌である悪玉菌の動きや有害物資の生成は阻害されることになるので

 

腸内環境が良好に保たれ健康維持に繋がることになります

更新履歴